· 

無法者④

では、今日も無法者について説明していこうかな。

                      (前回の説明で、分かったことがある)

なにが、わかったの?

                     (赤ん坊のように、好きなことをすればいいんだな‼)

( ̄д ̄)ポカン

                       (なんだ、その目は?)

いや、何を言っているのか。

さっぱりわからないから、こうなっているんだが

なにが、分かったの?

                       (無法者とは、好きなことをやる人間の事だろ)

わっはっはっぎゃはっはっは!❢

ア~おかしい(*'▽')

                       (何がおかしい!!

なあ、それだと無法者ではないよ。

                        (じゃあ、何だって言うんだ‼)

                        (無法者だろ‼)

それだと、ただの赤ん坊だろ⁉

バカバカしいじゃないか。

なあ、無法者っていうのは、そうじゃないんだ。

無法者とは、情報や経験を基礎にしない者のことを言うんだ。

                        (・・・ワケワカラン・・・)

カルマ君の言っている、無法者とは

それは無法者ではない。

ただの情報で判断しているものでしかない。

自分以外の何か外側にあるものを見ているだけの事

それは、無法者ではない。

                        (・ム・ム・ム・)

誰か、あるいは何かをもとにしている段階で

無法者とは呼べないんだ。

何も基準がないもの、その時起きたことだけを見て

その流れに対応した行動を取ることができるもの

それを、無法者というんだよ。

                        (ウググ・・・)

このブログを見て、

「そうか、無法者とはこうゆう態度を取ればいいんだ‼」

なんて、考えている段階では

無法者とは呼ばないんだ。

                        (ジャア・ドウスレバ?)

それは、この世界のルールを正確に捉えること

この世界の流れに従えばいいだけ

その流れそのものになることを無法者というんだよ

                        (ソンナコト、ワカラナイ)

それが、カルマ君の限界なんだよ。

カルマは、経験したことあるいは情報など

時間の上にあるものでしか物事を捉えることができないから

無法者と言われるものになることができない。

 

「流れそのものになる。」

 

それは、とても簡単であって

複雑なことではない、その簡単なことを複雑にしているのは

カルマそのものなんだ。

                         (なら、俺には無法者になれないのか?)

いや、カルマ君にも無法者になることはできるよ

これは、誰でもできるからこうやって紹介しているんだ。

(#^.^#)ニコニコ

                         (どうやるんだ?)

それはまた明日~

                          (ハヤクオシエロ・・・)

それも、流れじゃ( ̄ー ̄)