· 

無法者③

無法者のことについて、今日も説明していくけど

カルマ君。

ついてきてね。(^^♪

                          (・・・ナントカ・・・)

じゃあ、昨日の続きで

一元と二元の両方を生きていく

このことは、特に難しいことじゃない。

ただ、私たち人間が難しくしているといっていい。

                          (またわからないことを・・)

カルマ君が理解できないのも、しょうがないことだよ。

だって、あなた自身が無法者になることを邪魔しているのだから

                          (・・・?・・・)

この世界で生まれたことは

カルマを持つことに意味が、あるんだ

でも、そのカルマを持つことによって

無法者から離れていってしまう。

それが、二元の世界で起きていることなんだ。

                          (ちょっと待て)

                          (いまヘンなことを言っている)

うん?何か変なこと言った?

                          (ああ、「無法者から離れる」て言った)

                          (なら、元々俺たちは、無法者なのか?)

そうだよ。

私たちは、もともと無法者なのさΣ(・ω・ノ)ノ!

                          (アゥ・・・ワカラナイ・・・)

あははは(*^-^*)

混乱しているね。

私たちは、もともと何のルールも持たない

そもそもルールの意味さえ知らない、存在だった

そのことを説明してみよう

 

じゃあ、良く考えてみて

赤ちゃんのとき、何か哲学的な考えがあった?

                          (そんなこと考えられないだろ‼)

そうさ、だから私たちは無法者だったろ。

                          (そんな簡単なことなのか?)

とても簡単なことだよ。

それを難しくしているのは、カルマの働きだからね!

                          (・・・リカイデキナイ・・・)

だから、私たちは一元であり二元である

その答えにたどり着くんだ。

でも、なぜ無法者から離れていくのか

それには、理由がある。

それは・・・

                          (それは・・・)

またあしたーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

                          (・・・イマヤレ・・・)

(´・д・`)ヤダ