· 

全体意識

前回の続きで、全体意識のことを

書いていこう。

 

おさらいとして、私たちの意識には

全体意識と分離意識の二つがあることを理解してほしい。

全体意識とは宇宙意識などと、いわれるもので

分離意識とは私たちの思考を指している。         ←(おう、理解してやる)

 

やっぱ態度ワルイ( 一一)                 ←(何か問題でも?うん?)

なんでもない。

では、その前提でいこう。

 

全体意識分離意識は私たちの中にある

この違いは、ほとんどない

ただ、カルマがあるかどうかの違いでしかない。

 

ここまでが、おさらいになる。

 

それでは、ここから複雑なところに入っていくので

気を付けていこう。

自分の思考にとらわれていると、迷路に入っていくから

 

この全体意識と分離意識はそれぞれが影響し合っているんだ

ここに大きな勘違いが入りやすい。         ←(どんな勘違いだ?)

引き寄せの法則に対する勘違いだよ

 

具体的には、私たちのしあわせ、不幸に対する見方と言っていい

「世界は、私たちのためにある」これは全体意識を指している。←(これは理解できる)

ただし、私たちの思考は、自分の幸福のみを求めている。   ←(これも理解できる)

 

世界は、カルマを開放するために存在している。

そのために、私たちに苦しみを与える。           ←(これが、納得いかない)

 

それが、世界の仕組みを理解できないカルマなんだ。(*^。^*)

このカルマを、昇華する必要があるために

それぞれの意識は、働いているんだ。

 

全体意識は、分離意識のために用意する。

分離意識は、それを受け取りカルマの解放をする。

そのシステムが愛のシステムなんだよ。

 

そのシステムの中にあって、カルマが解消されていけば

分離意識を持ちながら、全体意識を生きることができるんだ

このブログでも、書いてある。

カルマとダルマの関係そのものになるんだ。      ←(それが分からない。)

 

うん、わからないと思う。

だって、君はカルマそのものだからね。(*^。^*)

カルマが昇華されるとは、君の消滅を意味している

そんな事を、カルマが認められるはずがないじゃん。  ←(#怒りフツフツ

 

怒らないでくれ。

頼むから(;´・ω・)ドウドウ

 

そういう、仕組みなんだよ。

この世界とは、

もうひとつ面白い話をしようか?    ←(どんな話だ?)

カルマを昇華しダルマの流れを感じやすくなった後の話だ

これは、ボブの師匠のマハリシの話だけど

 

マハリシが講話会をしている時、その会場と周りの住宅のすべてが停電したらしい

でも、マハリシが話をしている最中、会場は普通に電気が使え

終わった途端、電気が消えたことがあるらしいんだ。

 

もちろん、会場に停電のとき電気が使えるシステムなんてない

でも、電気は使うことができた。

これが、ダルマを生きることになるんだ。

 

ダルマになれば、世界意識そのものになる。

分離を生きても、世界意識であれば、望むだけで叶うんだよ。

それが、できるのは瞑想の結果だけどね       ←(おお、なんでも願えば叶うなんて)

 

やっぱり、カルマなんだね君は(*^。^*)

言ったろ、「気を付けないとね」と

自分の都合で、物事を解釈しているじゃん。

これだから、カルマってむつかしいんだよ。     ←(オマエモソウダロウガ!)

 

 

 

 

・・・ハイ・・・・・ソノトウリデ・・・・ゴザイマス・・・

 

 

分離を生きても、それでいい

全体になれば、それでいい

どっちであっても、そのままでいいんだよ