· 

世界、私

前回の、引き寄せの法則に

ついての続きをしようか。             ←(おう、やってくれ)

やっぱ態度ワルイ(-_-;)              ←(ギロ( 一一)

 

無視(-_-;)

 

では、引き寄せているものは苦しみ

このことについて、もう少し自分の考えを整理して

説明していこう。

 

引き寄せの法則と言われるものは

幸せを引き寄せるものではない。

引き寄せるのは、カルマの消失を進めるもの

それは、カルマの中に隠れている恐怖を表せて来るもの

この様に、自分はとらえている。

 

ここで言っている、カルマの消失とは

カルマの燃焼のことを指しているんだ。

私たちの人間関係で作られたトラブルや失敗

この様な摩擦が、カルマを焼失する働きを持っているようにみえる

 

図にするとこうなる。

 

私(カルマ)行動🔥🔥→人間関係←🔥🔥行動(カルマ)他人

  (恐怖)     🔥🔥🔥🔥     (恐怖)

 

この結果、カルマは燃えて消えていく

そのカルマの中に隠れている恐怖は表れてくるように感じている。

この関係を、持ってきているのが引き寄せに法則のように見えているんだ。

自分にはね。                 ←(お前の見方でしかないんじゃね?)

 

そうだよ、自分にはこのように見えるといっているんだ(#^.^#)

この世界は、カルマの昇華のためにしか動いていないように見えているんだ。

そのためにのみ、世界が働いているように見えている。

 

その働きの、根底にあると思われるのが

今回のテーマになっている。

私と世界

なんだ。                    ←(どんな事なんだ?)

 

見る方向、あるいは存在の在り方と言えることなんだけど

 

私から世界を見るのか

世界から私を見るのか

 

違いと言えば分かるかな?

世界から自分を見たときは、その一部として認識される

自分から世界を見たときは、世界をコントロールしているように見える

この違いが分かるかな?

 

世界を流れ(ダルマ)として

自分を(カルマ)としてみると

ダルマを、コントロールできるのはカルマなのか?

て、なるんだけど

ダルマは流れであって変えることはできないはず

カルマはそのように出来ていないんだ。

 

このことに引き寄せの法則を、当てはめてみてみると

どうやっても、自分の幸せを求めるのが分からなくなるんだ。  ←(分からないではないが・・)

そうなんだ、どうしても当てはまらないんだ

 

引き寄せの法則というのは、苦しみを与えるものと

見たほうが、自分としてはしっくりくるんだ

カルマの消失、燃焼の働きから見るとね。

 

こんな感じで、引き寄せの法則を見ると

すべて、納得いくんだ。

こんな表現になるけど、理解できたかな。      ←(ああ、お前の考えは理解できた)

それはよかった!(*'▽')              ←(正しいかどうかは別だ)

 

そうだよ、正解かどうかそれは誰にもわからない

それぞれが、正しいと思って生きているんだから

 

 

 

正しさを求めても、それでいい

間違っていても、それでいい

結果、カルマが燃えてしまえば、それでいい