· 

カルマとダルマ=愛

では、ダルマのことについて

もっと詳しくしていこう。             ←(オウ、頼む)

やっぱり、エラそうだな(-_-;)

 

 

ダルマは、流れであることは前に書いてあるけど

そのことを、もう少し詳しく解説していこう

 

まず、愛のことを簡単に言うと          

愛とは与えられるすべてのことである。

 

そのように、認識していればいい。          ←(とても簡単なんだな)

 

ああ、物事はすべて簡単なことなんだ

それを、複雑にしているのがカルマの働きなんだよ。

 

与えられるものには、善悪はないんだ。

どんな苦しみも、悲しみも、与えられるものである。

この世界にあるものは、すべて与えられるものでしかないんだ。

 

だから、この世界は苦しみと恐怖で

出来ているといった意味が分かるかな?      ←(分かるが、納得したくない気がする)

まあ、そのような感情がわいてくるのも理解できるけど

その様に、世界の仕組みが出来ているんだ。

 

ここで、もう一度ダルマのことに戻ろう。

ダルマは、流れでしかない

この認識は、間違いない。

 

流れを、どのようにとらえるかによるけど

人間関係の中にも、流れはある。

時代の流れとも、表現している。

 

その流れ、そのものをということができる。

愛に区別と、判断はないからね。         ←(なんとなく、分かる)

 

もう、一つのカルマについても説明しよう。

カルマは、個人的なものと理解していい。

個人的な経験、あるいは情報など

すべて個人的に 持っているものなんだ。

 

その経験や情報などから

判断することは、カルマのすることなんだ

そこには、それぞれ個人的な判断がある。

 

その判断と、区別はカルマのことそのものなんだ。

自分にとって、利益があるか、不都合があるかなど

その様な判断はすべて、カルマの働きによるものなんだ。

 

ダルマとカルマこの二つは、それぞれが深く関係している

その、仕組みそのものが愛そのものなんだ。

このことを、理解する方法が瞑想になるんだ。

 

これが、ダルマとカルマの働きの関係なんだ。     

 理解できるかな?(#^.^#)       ←(理解できたら、お前がフラられた理由も分かるのか?)

 

 

 

・・・・リカイシタクナイ・・・・フラレタ・・・リユウナンテ・

 

 

理解しても、それでいい

理解できないくても、それでいい