· 

一瞥と啓発

一瞥とは、一般的に言われている

自分の中に光を見つけること

啓発とは、一瞥とは違います。

 

啓発は、光を超えてすべてを眺める

場所にあり続けること

このことが、理解できていないと

混乱してしまう。

 

宗教・精神世界が、光を求めているのは

分かりやすいからです。

いままで感じたことのない、感覚を手軽に感じることができるから

 

でも、その光の一瞥は本当の私たちの姿ではないです。

光は私たちの姿の一つの形態にすぎない

私たちの本当の姿とは、光を超えたところにあります。

 

それを、全体意識と言っています。

全体意識にたどり着くこと、それを啓発といいます。

全体意識は、私たちのすべてであり

この宇宙のすべてです。

 

宇宙とは、時間の始まりから宇宙の広がりの果てまでを指しています。

時間の始まりと、宇宙の果ては

物理的にとらえることはできません。

 

それでも、啓発はこの二つを手にすることができます。

それを、啓発と言います。

 

啓発は、瞑想によって手に入れることができます。

瞑想でしか、たどり着けません。

瞑想を行っていけば、いつか必ず啓発にたどり着けます。

 

そのために、瞑想を伝えています。

この啓発を、みんなに味わってほしいから

だれでも、啓発することはできます。

 

瞑想を生活の中に取り入れればいいだけ

瞑想を行い、自分のカルマを昇華していけば

啓発にたどり着けます。