· 

瞑想・上級編10

解放

私たちは、自分のカルマを開放するために

この体を持ち、生きています。

そのために、苦しみを感じなければならない

 

苦しみは、苦しみです。

つらく、悲しいもの

でも、この宇宙の仕組みを理解し納得するなら

 

この苦しみは、とても素晴らしいものに感じます。

誰もが、苦しんでいるけど

その苦しみは、とても大切なギフトです。

 

瞑想は、この苦しみの仕組みを知る仕組みです。

自分が苦しみ、瞑想にたどり着くのもそのために必要なこと

苦しみの中で、私たちは開放します。

 

解放とは、自分の苦しみを理解すること

理解とは、苦しみの原因を正しくとらえること

目の前に起きているものは、自分の中のカルマをひっかけるフックでしかない

 

フックにはフックとしての役割であるだけのこと

フックを非難しても、自分の苦しみは消えることはありません。

自分の中のカルマを引っかけて悲鳴を上げているのは

自分だと気づくこと

 

自分しかないというのは、どんなことも自分が望んだものだと気づくこと

気づいたとき、その苦しみの原因はどこかに消えていく

消えていくものは、ただ消えていく

でも、また苦しむ

 

この苦しみの繰り返し、でもそのことが開放です。

苦しみは自分のもの

苦しみを感じて、自分のカルマを捨てる

 

解放とは、そのことを指している。