· 

瞑想・上級編7

思考とハート

瞑想が進むと、ハートの声が聞こえてくると書きましたが

なら、思考とハートの声の違いはどこで感じることができるか?

はっきりとここが違うと言い表すことはできないです。

自分の経験を語ってもそれは、他人の経験ではないから

他人に同じことを語っても理解されないもの

 

思考は、どんなものでも写し取り真似をします。

それが、自分が経験したものでもないのに

情報をもとにその姿を映し取ります。

まるで、自分が経験したかのように

 

思考とハートの声の違いもそう

この二つは、自分の中に感じ取れるし、分離させることなどできない。

その違いは、自分でしか分からない。

誰かに伝えることも出来ないもの

 

それでも、瞑想が進んでいくとその違いが分かってくる

誰でもその違いを感じることができる。

感じ方が違っているのがをら分かるから

誰もが理解できます。

 

それまで、理解できないだけ

これは、瞑想による肉体の変化にもかかわってきます。

瞑想は、肉体の活性化にもつながります。

これまで、自分の体の性能をうまく使いこなせていない部分を

 

さらに、うまく使うことができるようになる

細胞の活性化とも取れます。

私たちの体は、すべてカルマによって作られています。

そのカルマを書き換えることもできるようになる

 

私たちの体は、時間の経過に伴い老化していきます。

それが、ごく普通の一般的な捉え方ですが

瞑想には、このような固定された認識を外す効果もあります。

 

もともと与えられた、自分の体の性能を最大限に活用するようになる

それによって、思考に閉じ込められた

自分の限界を、突破したとき

そこで初めて、ハートの声を感じられます。

 

ここに思考と、ハートの声の大きな違いがあります。

思考は制限があります。

ハートには制限がないもの

それが大きな違いです。

 

でも、思考はこう思います。

「なるほど、制限がないものがハートの声なんだ。」

「なら、無制限になんでもしていいんだ。」

これでは、思考にとらわれることになっているのにいつまでも気づかず

どこまでも、追っていく

 

その違いには、天と地のほど違いがあるのに

違いが分からない

その違いを感じるのが、瞑想の効果です。