· 

瞑想・上級編2

カルマの解消

なぜ、人間関係が瞑想によって解消するのか?

人間関係の根底には、カルマが関係しています。

 カルマはすべてにおいて、この世界を作っているもの

そこは、波であり螺旋である

 

この波が、すべてを与えてくれる

人間関係も作っている。

カルマは電気の性質を持っている

それは静電気のようなもの

必要なものを引き付ける

 

人間関係の中にある、苦しみもここにある

カルマの関係が表れているもの

それは、摩擦である

摩擦は、苦しみを与えます。

 

摩擦が、熱を持ち私たちを燃やして苦しめる

でも、その熱によってカルマは燃やされ消えていく

苦しいのは、私たちに与えられた贈り物です。

その苦しみは、苦しみの中でしか消えていかない。

 

人間関係は、その中で大きな割合を占めています。

人間は、関係がなければ生きていけない

生きていくために、苦しい目に合わなければ生きていけない

その苦しみを、瞑想が溶かしていきます。

 

瞑想による、静けさの中に消えていきます。

自分を燃やしている、炎は瞑想によって消火します。

時間はかかるけど、必ずそうなります。

瞑想が、すべてを満たしていきます。

 

もともと満たされていることに気がつくから

誰も、自分を傷つけることができないことに気づく

もともと、自分が持っているものが消えていることに気づくから

 

人間関係は、自分のカルマによって作られている

その関係は、与えられたもの

そして、求めたもの

 

自分のカルマを消すために、苦しみを手に入れた

カルマの関係が、消えたとき

人間関係も変わっていく

誰もが求めている幸せの意味が分かっていく

 

もともと、この世界がどれだけ満ちているか

喜びがどれだけ簡単に手に入るか

すべての意味が分かり、すべてが変わっていく

そこに、どれだけの自由があるか

すべてが自由である。

 

瞑想による変化によって、人間関係が変わっていく

変化は人間関係だけでない

すべてが変わっていく

瞑想がどれだけの変化を与えるか

このことは、また明日書きます。