· 

瞑想・実践編6

意識の段階

瞑想が進み、自分の中のカルマが昇華していく

その時、カルマがどのようなことを起こすか?

 

自分自身に苦しみを与えます。

カルマが離れていく瞬間に、大きな苦しみを与えます。

自分の一部になっているカルマが消えるのだから

ごく普通のことが起きているだけ

 

私たちは、苦しみを得るために生まれてきた

このことが、瞑想によって加速されます。

瞑想は、苦しみを消すことではない

瞑想をすることによって、カルマを昇華しやすくなるだけ

 

瞑想をしても、苦しみは感じます。

でも、そのスピードを加速してくれます。

苦しみ続けることは、やめたほうがいい

苦しみは、手放して彼方に行ってもらう

 

瞑想の結果、私たちの中にあるカルマは消えていきます。

そうなると、私たちの意識が変わっていきます。

一瞥した光も、その過程で起きていることであって

瞑想の目的ではない

 

意識が、クリアになっていくと

物事の起き方が、理解できるようになります。

私たちの元である光がどのように起きているかが

理解でき、納得していきます。

 

それが意識の段階

科学的に説明すると

私たちの体を作っている物質が、素粒子の段階で作られていることを

感じられます。

 

素粒子がどのように私たちの体を作っているかを

体感的に感じられます。

その経験は、誰にでもできます。

瞑想を進めていくと、必ずそうなります。

罠や落とし穴に落ちない限り

そこまで、たどり着くことができます。

 

私たちの体を作っている素粒子が

苦しみをどのように感じるのか

少しだけ、話を戻して

明日、書いてみます。