· 

瞑想・実践編1

世界は変わった

瞑想の実践編に入っていきますが

まず、いまの世界のことを書いていきます。

私たちの生きている状況が理解できないと瞑想がどのように効果をもたらすか

捉えることができません。

 

世界は変わりました。

同じように見えていますが、その下に流れているルールがすべて変化している

いつ変ったは誰にも分からない

でも時代は変わった。

もう元には戻らない

 

どんどん変化している

私たちは、その世界の中にあって誰もが同じ存在

私たちも変わっていく

 

変るということは、カルマの開放のことを意味している

世界はカルマを開放したがっている

これが、世界の変化です。

 

古い世界は、まるで冬のよう

縮こまって、固まっているようなもの

新しい世界は、春の陽気に包まれている

すべてが緩み、動き出している

 

瞑想は、この流れを加速していく

その手助けをするものが、瞑想です。

私たちのカルマを流していく手助けをしてくれるものが

瞑想なのです。

 

世界の流れ、流れそのものをダルマと言います。

カルマを昇華しダルマになること

ダルマがカルマを作っている

カルマもダルマの中にある

 

瞑想はダルマになること、ダルマになることを目的にしています。

ダルマそのものが、啓発です。

瞑想に会えたことが、私自身の幸せです。

その幸せを伝えることが私自身の幸せ

もう、この流れは誰にも止められない

この流れに、すべてが動き出す。

 

岩が山から転げるように、加速していく

 

明日は、瞑想の仕方について書きます。