· 

親と子

親と子の関係は、DNAの中でつながっています。

遺伝的な関係がある中で、それぞれが必要としている関係です。

親は、子供に自分の分身を見て

自分を反映させてしまいます。

 

親ができなかったことを、子供にさせようとしてしまったり

子供は、親からの期待に応えようと自分のしたいことを

抑えて、親の希望を優先させることもあります。

 

その様な親子関係は、子供の成長に合わせて

解消されていきます。

子供の、成長の中で反抗期と言われるものがあります。

その反抗期が、親との関係を解消する働きがあります。

 

でも、子供の反抗期がないときは、この親子関係が依存関係になってしまう

親は、自分の苦しみを子供に流して楽になろうとしてしまい

子供は、親に依存してしまって自分が何をしたいのかがわからなくなってしまう。

 

私自身がこのような、親子の依存関係になってしまって

すべての苦しみを抱えて生きてきました

親の苦しみを受けとっせしまうと、その苦しみの流れが周りにも影響してしまって

私の周りには、すべての苦しみがやってくるようになってしまいました。

 

その結果、いじめやパワハラなどの苦しみしかない人生を送っていました。

どこにいっても、苦しみだけが追いかけてくるような人生でした。

 

それが、瞑想や精神世界に目を向けるきっかけでした。

いまでは、親との関係も、落ち着きています。

時々、けんかはしますが、前のように苦しみの連鎖はありません。

 

先日、書いてある稲福クリニックでの治療も

とても、効果的な結果をもたらしてくれました。

だから、皆さんに紹介したのです。

 

稲福クリニックで行われている、苦玉治療は私たちの中にある

苦しみの原因を消すため、いろいろな応用がききます。

この宇宙にある、苦しみを自分だけで

解消できる働きがあります。

だからこそ、このブログで紹介します。