· 

どんな時も、最善のことが起きる

私たちが生きている中でいろいろなことが起きます。

ここ最近でも、西日本の豪雨災害がありました。

過去にも、大津波や大火事、戦争、ありとあらゆる災害が起きてきています。

それでも、私たちにはすべてうまくいっています。

 

一見災害に合うと、とても大変な目にあっているように見えます。

それによって経済的、あるいは政治的に負担を受けているように見えます。

それでも、私たちには最善のことが起きています。

 

私たちが、生きていくことは

苦悩を感じることです。

その苦痛は、思考によってとらえられます。

 

思考が苦痛を捉えて、そこにしがみつきます。

思考は、いつまで苦痛を求めます。

起きたことを思考の中にだけとどめようとしています。

 

起きたことは、もう消えています。

思考だけが起きたことを抱えています。

 

災害にあった方には、大変気の毒だと思います。

明日、どんなことが起きるのか

とても不安になることもあると思います。

 

それでも、私たちには最善のことしか起きません。

この世界は、私たちを苦しめるために出来事を起こしていません。

起きることが起きるだけで、そのことで私たちを苦しめようとしていません。

 

心配しているのは、私たちの思考だけです。

すべてうまくいっています。

何も心配することはありません。