· 

政治の働き

私は、政治の働きは経済の拡大と安全保障だけで十分だと思っています。

この様な考えは、「夜警国家」という考えです。

国家は最小の働きで十分だと思っています。

 

いまの国家はいろいろな役割を持ちすぎて

十分な役割をはたしていないと思います。

たくさんある政府の省庁がそれぞれの役割を大きくしすぎたため

政府が大きくなりすぎていると思います。

 

大きな政府の根底にあるのは、恐怖でしょう

それぞれの省庁の管轄にある権限は

他人に対しての、不信や不安がもとに作られています。

 

このため、省庁の権限を大きくしたい思いに駆られています。

いままでの世界では、このような働きですべてが作られています。

これからは、信頼と愛をもとにすべてが作らていきます。

 

これからの世界は、いままでのシステムでは生きていくことができません

大きく作り変える必要があります。

政府も国家も大きく変わります。

 

もうその変化は見え始めています。

いままで、力を持っていた物やシステムは消えていきます。

新しいシステムが表れてきています。

 

変化はもう始まっています。

その流れに従うしかありません。

流れを否定することは、誰にもできません。

世界に取り残されることもありません。

 

静かに受け入れれば、すべてうまくいきます。

私たちのために、世界はあるのですから