· 

カルマは消えたがっている

先日の、日大アメフト部のタックル問題について今日も書いてみたいと思います。

この問題は、それぞれ個人的問題が大きくかかわっています。

問題を、一人ずつ見てみると全体の流れが理解できます。

 

まずは、日大の監督から見てみます。

この監督は、もともと抱えていた苦しみを何とか消そうとして動いています。

この結果が、このタックル問題に大きくかかわっています。

 

監督が過去、選手時代やいままで生きてきて

支配的な生き方の中で、受けていた苦しみ、つらいことを自分で抱えていてしまうと

とても生きていくことができないから、自分の周りに苦しみを捨てている

自分の周りに対して、威圧的に支配体制を作り上げて

自分の苦しみを、全部周りに与えてしまっているのが見えてきます。

 

しかも、自分が行っていることが、自分の成功体験として強化されていくことが起きています。

日大アメフト部は、過去のリーグ戦においてとてもいい成績を残しています。

これが、自分の行動を正当化してく材料になっています。

 

彼はこの様に考え始めます。

成功するために、自分の経験は役に立っている

過去こんなことがあっても、これからも同じようにしても問題ないと思い込んでいます。

この様なことが、自分のプライドを作り周りの意見を聞かない行動に出てしまいます。

そのため、ますます威圧的、支配的にアメフト部をコントロールし始めます。

 

この監督の支配の中にあるコーチたちも、その影響を受けます。

監督の顔色を窺い、支配の中で生きていく上で自分の考えを捨て

すべてを、監督の思うまま進めてしまう体制に組み込まれます。

 

コーチ自身が思ったことをできなくなり、自分の中に思いを封じ込め苦しさを

さらに下の選手たちにむけ、苦しさを捨てていこうとしとします。

そのため、選手たちはこの支配的な環境で生き抜くために

監督やコーチの指示だけを聞き始めます。

 

選手の関係の中でもどうしたら、監督の思うプレーをすればいいかを

思い始めます。

試合に出たいことが優先され、試合におけるプレーでなく

監督に認められることだけを考え始めます。

このような、苦しみの中にあるとき

選手のあいだでも恐らく、いじめや、嫉妬、ねたみ、足の引っ張り合いが行われていたはずです。

 

すべてのアメフト部の関係者が監督だけを見て、何もできなくなってしまう支配の中に置かれてしまいます。

 

この日大のアメフト部の問題は、部内だけに収まらないくらい大きくなっています。

報道では、日大の組織運営にも、この監督がかかわっていると伝えられています。

日大の人事や運営費なども、この監督が握っていたそうです。

 

なぜ、この監督がこれほど大きな権限が与えられていたか

私は、疑問に思っていました。

 

昨日、日大の理事長の姿が初めて映像で流れていたのを見たとき理解できました。

日大の理事長は、大学の運営の苦しさから逃げていたのです。

自分の苦しみを見ないで、ただ存在していた、それだけだったのです。

そのために、理事長の苦しみを受けてくれる存在として、アメフト部の監督を利用していた。

 

だから、大学の人事や運営費を自由に使うことが出来ていたのです。

巨大な権限を与えられた、アメフト部の監督は、部内だけでなく大学全体を自分の影響下に収めることにより、さらに支配を強く大きくしていったのです。

 

すべてを支配下におさめることによって、この監督は増長を始めます。

自分が何をしても、問題はないと思い込みだします。

この様なことすべてが、監督のカルマから生み出されています。

でも、このようなことはいつまでも続きません。

 

なぜなら、カルマは消えたがっているから

日大のタックル問題を起こした生徒は、とても良い感じを受けました

報道の中で、素晴らしい行動をとっていました。

誰の目にも、明らかな素晴らしい人物です。

 

彼は、自分の中にある苦しさから逃げることをしませんでした。

自分自身の醜さから、目をさらさず

ちゃんと、苦しさを受け止めています。

 

タックル問題は、彼が起こしました。

起こした問題は、許されないものです。

でも、彼によって日大の組織の中にあった苦しみは、一気に消え始めています。

監督の苦しみの支配はもう消え始めています。

 

それだけでなく、日本中のスポーツにおける支配の体制も消え始めています。

彼がいたことによって、大きく変化しています。

これが、カルマの解消です。

 

カルマは消えたがっているのです。

いま世界は、大きく変わりました。

カルマは、見つけられたら消えていきます。

カルマを、保持し続けることはもうできないのです。

 

カルマはもう、消えたがっているのです。