· 

瞑想の実用性

瞑想の実用性は、医学的に認められています。

瞑想を日常的に行っている人は、心拍数の安定や

脳波の著しい変化を、観察され認知されています。

 

この観察結果から、瞑想は私たちの日常における

ストレスを軽減してくれる効果をもたらしてくれます。

 

いま、私たちの日常はストレスにまみれています。

人間関係や経済活動など

すべてのことが、私たちのストレスのもとになっています。

私たちの社会は、とてつもないストレスを生み出しています。

 

そのストレスのもとになっているものは、すべて私があることによって

私が何かをしなければならないと、思い込んでいるところから発生しています。

全部を、「私が解決しなければならない」

 

そのことが、ストレスのもとになって

自分を苦しめています。

 

瞑想は、このようなストレスを軽減する働きがあります。

私たちのすべての存在に、戻るための働きが瞑想にあります。

私たちのすべての存在、それは真実の私

 

真実の私は、すべてを受け入れています

そこには、摩擦もなくストレスない場所なのです。

瞑想は真実の私に、戻るためにあるのです。

 

何も特別なことではなく、ただ普通にある真実の私に戻るためのもの

それが瞑想です。

私たちは、社会生活の中で生まれたストレスの解消に

瞑想を日常的に行うべきなのです。

 

でなければ私たちは、自分が作り出したストレスによって

病気になったり、精神的に苦しめられていきます。

その結果、いじめやハラスメントがさらに社会的問題として表れてきます。

ストレスの受け流しが、このようないじめ、ハラスメントの問題を作っているから

 

一番弱いところに、すべての歪みが集中していきます。

その結果、自殺してしまいます。

それほどの、苦しみをストレスが生み出しているのです。

 

ストレスを、生み出さない、自分で昇華すること

それが瞑想の働きです。