· 

プライド

プライドは、自分がする時あるものです。

自分が何かを、しているときに現れるもの

プライドがあるのは、自分でしていること

 

この世界には、自分しかない

自分以外のものがあるとき、あるいは他人がいるときには

プライドはない

 

すべてが全体の現れであると、認められているなら

そのすべてを受け入れている

プライドは、他人があるときに現れてくる

 

また、プライドは自分以外のものを見てしまう

自分と他人を比べてみる

他人の劣っているところを、見つけてそこを見つめ続ける

 

自分以外を見ている時、自分は見えない

本当に必要なものは、自分だけを見つめること

自分を見ているときには、プライドは生まれない

 

自分しかないなら、プライドはいらない。

誰もが、愛の現れだから。