· 

ELM・啓発への道のりは自然な道のりです

おはようございます。

今日も、瞑想の学びをしていきましょう。

啓発がどのように手に入れられるか

このことを、書いてみたいと思います。

 

 

素晴らしいことに、自然は私たちの人生すべての面倒を見てくれます。

自然がすべてを世話してくれます。

マザーネイチャー、マザーアースは私たちが頼りにできる最も愛に満ちた母親なのです。

私たちが多くの問題を抱えている一つの理由は、私たちの先祖が自然に背を向けたからです。

そこにすべての問題が発生しました。

私たちは自然に従わないように教えられました。間違ったものがあり、それを修正しなければならないものがあると、教えられてきました。

何かが間違っているとしたら、それを避けるか、あるいはそれを正さなければならないと教えられてきました。

 

自然はただありのままで存在しています。それが私たちのマインドや肉体そしてハートの本質なのです。

自分たちの本質に注意深くあり、自然の欲求を極力編集しよとしなければ、私たちの高次の本質が頻繁に現われて、どんな時でも啓発への道のりを導いてくれます。

 

自然は決して間違いません。

人間だけが間違いを犯すのです。

人類は、解決策を見つけたつもりになって、結局それがさらなる問題を作り上げるという状況を何度も経験してきました。

人類はありえないほど近視眼的な視点しか持っていません。

自然は、物事の始まりから終わりまで常に全体を見渡します。

この自然の無限の叡智とはい合うこなどできないのです。

永遠の愛の瞑想を始めると、自然への畏怖というものを経験するようになります。

人生の様々な状況が機能し始めて、宇宙を信頼できるようになり、私たちの人生を平穏で祝福してくれます。

そして、自然のあらゆるものに愛と慈悲をもって接することを学んでいきます。

私たちのところへやってきたものは、愛をこめて挨拶をして、そしてまた進み続けます。

私たちの愛は、永遠に続いていきます。

 

 

私自身の経験からも、そうだと言えます。

特に2018年から、すべての状況が大きく変化し始めています。

周りの状況の変化が大きく表れ始めました。

いままでどうしても変化しなかったものが消えたり、現れたり

それが時代の変化です。

私たちが生きているこの宇宙がすでに

変わっています。

いままでの時代が、冬の時代であるなら

いまは、もう春の時代になっています。

 

冬のときに使われたルールは役に立ちません。

もういまは、春なのだから

これが自然の流れであり、宇宙の流れそのものだから

春にあったルールが生きています。