弱さを認める。

私はこの世界で一番弱い

自分の弱いところを、認めること

 

この世界は、こんな弱虫の田嶋彰に対しても

生きていくことを、許してくれている

これが、愛の世界

 

私は、自分自身の弱さを見逃していた

見ることさえ避けていた

自分の弱さを、見てしまうと

あまりにも情けないから

 

見ることを拒否して、自分の都合で

世界を見ていた。

 

自分がしていることは、たいしたことではないのに

それを気づかすに生きていた

 

それを気にすることもなく

与えるだけの世界が目の前にあった

これが愛

愛そのものの、世界

 

私はその中にあるだけ