この世界は光である。

光によって、この世界は作られています。

あなた自身も、この世界にあるので

あなたは、光です。

 

光そのものによって作られています。

誰もが光です。

嫌な奴も、愛し合っている恋人たちも

憎しみあっている人たちも

 

すべてが光です。

 

思考は、自分自身が消えるのを阻止するため

ありとあらゆる、情報をもとに思考を使って捉えようとします。

あなたが、光であるとゆう情報をもとに

自分の思考をつなぎとめようとする

 

思考は、自分が消えることを認めない

思考があるとき、真実から目をそらしてしまいます。

思考がなくなったとき、光への入り口が表れる

 

その思考は、光にたどり着くことを

拒否している。

光にたどり着くことは、思考では届かない

もともと、あなたが光であるのは

真実であり、その光はそこにある

 

光が感じられないからといって、否定することはできない

 

あなたは光である。

これが真実です。