問題は思考のほうにある。

思考は変化します。

それが、思考の働きだから

私たちの問題は、思考のほうからやってきます。

物事は、湧き上がっているだけのこと

やってきたものに、意味はありません。

 

意味を与えているのは、思考のほうであって

その思考に振り回されている自分があるだけ

色々ある問題は、あなたが解決できるものと、できないものに分けられます。

 

解決できない問題は、ほっておいていい

あなたの問題ではないから

その問題を抱えていること自体が、あなたを狂わせることになる。

 

問題を見つめすぎないこと

それが、思考に惑わされないことにつながります。

 

解決できる問題を、処理すればいい

自分が何をしたいのか、その対処方法を知っていること

それだけでいい

その方法が通用しないなら

別の方向を向いて、進みだせばいい

 

解決できないことに、罪悪感を持つ必要はない

自分がしなければいけないことは、自分でやれます。

自分ができないことを、やる必要はない

 

出来ないことは、いつか光の中に消えていきます。

あなたが、光だから

出来ない問題を、見つめる必要はありません。

 

あなたの中の思考の隙間の静けさの中に問題はありません。

その静けさが、光への入り口です。

問題は、消えていきます。

光があなただから