瞑想は、簡単なこと。

瞑想を、むつかしくとらえることはありません。

あまりに簡単で、捉えることができないぐらい

普通すぎることが、瞑想です。

 

目を閉じて、思考の働きの隙間を感じること

それが瞑想です。

 

これくらい簡単で、普通のことをまるで特別のようにとらえるのも思考の働きです。思考はいつも特別なものを、求めています。

瞑想も、こうでなければならないとか、こうであってほしいとか、何か特別であるものであるようにとらえます。

これが、思考の働きです。

 

思考の働きから離れて、瞑想を行うことが必要なことです。

瞑想は、普通のことにすぎません。

何も特別なことが必要ではなく

普通に思考を観察したり、思考の隙間を感じるだけのこと

 

私たちのしている、エターナル・ラブ瞑想はその瞑想のとき

マントラ、ヤントラを使って瞑想を効果的に行うことが目的です。

このマントラ、ヤントラを、使って瞑想を行うと

私たちの中にある、カルマがより効果的に解消されていきます。

 

まるで、オートマシンのように自動的に解消されていきます。

その効果は、なかなか自分で感じることはむつかしいことです。

あまりにも、普通のことをしているので、何も変化を感じられないから

 

でも、周りの人は敏感に感じています。

人当たりが柔らかくなったとか、優しくなったとか

その様に取られます。

 

いままで、自分の中にあった苦しみが、周りの人に影響を与えていたから

その感じが消えてしまったから、周りの人が分かり始めます。

自分のカルマが、周りの環境を作っているためです。

 

瞑想を続けていくことが、自分の苦しみを消すために必要なことです

自分では、自分の苦しみは消せません。

苦しみは、自分で求めているものだから

 

瞑想によって、より簡単に効果的に自分の苦しみを昇華すること

そのために、瞑想を進めています。

いま、日本は、自殺者は年間3万人ほどいます。

これほど、苦しみを抱えた人がいる国はありません。

 

この苦しみを、消すために瞑想を進めています。

自分自身も、いつも苦しみの中にあったから

苦しみのつらさを知っているから

瞑想を、日常の中に取り入れることが苦しさを昇華する方法です。

 

瞑想を信じて、自分の中の静けさを信じて

瞑想を、日常に取り入れてください。

目を閉じて、一日30分じっとするだけでも効果はあります。

 

あなたが、思考から離れている瞬間が瞑想だから。