誰もいない。

何度も同じことを、言っています。

誰もいません。

これは、本当のことであって、最近はやりのフェイクニュースではありません。

 

わたしと言われているものは、所詮マボロシです。

どうやっても、証明できません。

証明されないものは、存在しません。

どうやって、ないものを認められるのか

認めなければならないのか。

 

ないものは、ない。

それでいいんです。

わたしと言われているものは、証明されません。

証明しようとしている、思考はいつも変わっています。

同じものがないのが、思考の働きです。

同じものがない、ならばそれはないこと

 

思考で証明しなくても、私たちの思考の間にある静けさは

いつも、ただあります。

同じものがあって、変化しないものがあります。

それが、私そのもの。

 

本当の私であり、全体です。

分からなくても、いつも同じものがある

そこが、私そのもの

 

いまここの、ここ

そこには誰にもいません。

全体があって、個別のものはありません。

だから、誰もいないのです。

 

信じられなくても、これが本当のこと

すべては、この思考の隙間の静けさがつくっています。

私はいない、全体しかない

世界であり、宇宙です。

 

このことが、誰もいないこと

静けさしかない。

これが本当のこと。