論理と直感。

論理的なものと、直感は対立しません。

対立させているのは、自分に対しての無知です。

 

人間は、多かれ少なかれ論理的な人か直感的な人に分かれます。

その割合が多いか少ないかだけのこと

 

論理的な人は、過去から未来を見て行動を決めます。

過去から未来を見て行動すると、失敗は少ないけど変化を無視して行動を決めているため、どこかで頭打ちになり動きが取れなくなります。

 

直感的な人は、いま何が必要か探して過去と未来を無視して行動を決めます。

過去と未来を無視することは、周りのことを考えない行動に見られます。

そのため、周りの人からはあまりいい評価をもらえません。

周りから相手にされないため、これも行動が頭打ちになってしまいます。

 

論理的な人も直感的な人も、それだけになってしまうと

どちらも動けなくなってしまう。

どちらが優れているなどではなく

論理的な思考基準を持ち、自分の直感を信じ行動を決める

その先に、自分の望む結論が表れてくる

そのバランスを、自分で作りあげることが大事なこと。

 

わたし(田嶋)自身が、直観的な感覚を多く持っていて

自分の思うまま、やりたがる人なの

周りにそのことを、どう伝えていけばいいかをあまり考えないため

誤解をうけたり、理解が伝わっていかない特徴があった。

 

周りの人たちは、論理的な考えを持っていても

自分には、理解できないことだった。

だって、周りが言っているのは過去のことだし、先を見て言っていることによって

すべてが狂っているように見えたから

 

実際、私と衝突した人たちは、自分の中の基準でもって周りのことを批判したり非難していた。

私自身も、非難、批判の対象になっていて、いじめられていた。

 

周りに理解されないことが、一番嫌なことだったし、周りの人たちを恨んでいた。

どうして、理解されないのか

それがやっとわかった

 

あまりにも、直観的過ぎて論理がついていっていないからです。

論理的に、自分の考えを伝えることができていなかったから

非論理的に行動してしまった。

その結果、周りに評価されなかった

 

じゃあどうするのか?

論理的に周りに理解できるように説明していけばいいだけのこと

たれがなにをなど、5w1hで説明すればいいだけ

 

瞑想を行うことによって、自分の知性が輝きだしてきた

知性は、個人的なこと経験や知識がそれです。

 

直感も大事だけども、論理も大事。

この世界を信頼して自分の望みどうりに生きること

そのために、論理と直感をバランスよく使う

いまを生きるのも、大事なこと

過去と未来に学ぶことも大事なこと

 

どちらかに、重心を置きすぎることがバランスを崩す原因。