死ぬことはない。

この世界は、死ぬことはない。

あなたもこの世界の一部である、あなたは生まれたことも死ぬこともない。

肉体は滅びることもある、老化してい区運命にあるけど、死ぬことはない。

 

死の恐怖は、私たちの持っている恐怖の中で一番のものだと思う。

二番目は、失敗の恐怖でしょう。

その恐怖は、絶対に現実化しません。

どちらも、あなたがあっての恐怖ですから

 

あなたがいないとき、恐怖はありません。

すべてがあなたの中に恐怖として、あるとき恐怖はあります。

あなたが、恐怖を作っている

 

あなたが恐怖そのもの

あなたの思考が恐怖を求めていると言ってもいい

恐怖は消えることはない

 

あなたがあることによって恐怖は生み出されている

あなたがいないことが、納得できれば恐怖にとらわれることはない

あなた自身が恐怖だから

 

あなたが宇宙であること、この世界そのものになれば

あなたはいない

あるいは、宇宙を感じて自分を生きている瞬間。

その時、恐怖にとらわれないことに気づく。

 

その時まで、恐怖にとらわれ続ける。

それくらい恐怖は、あなたを縛り続ける。

瞑想は、あなたがいないことを感じさせてくれる。

瞑想によってのみ、あなたを開放する。

あなたからの開放が瞑想の目的です。

 

瞑想しか、恐怖を薄れさせる働きを持っていない

瞑想の中にあるとき、あなたはいないし、恐怖はない

思考が消えたときに、あなたと恐怖は消えている

 

私が伝えたえたいのは、あなたがいないことだけ

そのために瞑想を進めています。

信じるか信じないかは、あなたが決めればいい。

どんな選択も、問題なく動いていますから。