光はただ光そのもの。

言葉や思考で光を捉えようとしても、絶対にとらえられません。

あなたが光であることを、思考ではとらえられることは出来ません。

 

光はただそこにあります。

その光を隠しているのは、あなたの分離を作っているあなたそのものが邪魔をしています。

 

あなたの思考も邪魔の一つ、それだけが邪魔しているのではなく、あなたの肉体を作っている、カルマも邪魔の一つ。

カルマを、別の表現ですると、まだ見つかっていない暗黒物質とも言えます。

あなたの中のカルマは、瞑想によってのみ、昇華することができます。

 

あなたの思考が新しいカルマを作り出して増やす、その思考の働きから離れたときカルマが消える仕組みが動き出します。

 

瞑想の最中に、思考から離れて自分の中の静けさを眺めていることによって

思考に働きを抑えて、世界と一つにあること

それであなたのカルマは消えていきます。

変化を感じられないときが多いのが、瞑想の欠点ですが

瞑想は、あなたの中に変化をもたらしてくれます。

 

瞑想の静けさが、あなたの光を隠しているカルマそのもの

そこを見続けることに、生きている意味があります。

 

もう一度、何度でも言います。

あなたは光であり、この世界そのものなのだから

なにも、心配はありません。

すべて完璧になっています。