愛の中にある、そこに問題はない。

愛はすべてを与えてくれるもの、見返りを求めないで与えるだけのことを愛と言っているだけのこと。

 

愛と言われることに、意味はありません。

愛と表現されるしかない存在の中にあることが必要なことであって

愛と言われる何かがあることではない。

 

愛の世界にあるとき、問題は存在していない。

問題があると認識している私はあるけど

その分離した、私と言われるものは存在していない。

分離しているように見える、私が問題を作っている

 

問題を作っている私がいても、この世界は愛によって作られているから全ての問題を受け入れて存在してしまう。

愛が全てを受け入れている

 

どんなこともこの愛の世界では叶う

それが愛の世界

すべてを与えてくれる愛の世界。