調和の世界

調和の世界 · 2020/10/20
苦しみはなくならない。 苦しみが、なくなればいいと思っても 苦しみは消えていかない。 人類が、生まれた理由は 苦しみを感じたいからだ。 すべてのことを、感じたい そのために、この地球が作られた。 宇宙が、苦しみを感じたいから 地球というものが、作られた。 苦しみを感じることを、望んだからこの世界が作られた。 苦しみを、感じるため...
調和の世界 · 2020/10/12
こだわりは、自分が持っているもの 自分自身であるといってもいい。 自分が、自分であるために、自分を持つ。 そうでなければ、自分でないから こだわりを持つことは、別に悪いことではない。 ごく普通の事であり、誰も非難することはできない。 自分自身でもやっているから こだわりはある そのこだわりが、苦しみをもたらす...
調和の世界 · 2020/10/11
「天上天下 唯我独尊」 これは、ブッタが生まれたとき最初に語った言葉である。 後世の人たちは、この言葉を聞いて 「ブッタは、尊いものだ」と、 捉えているが、本当は違う。 これは、(人間宣言)でしかない。 ブッタは、人間であるといっている。 人間であるブッタは、この世界に生まれたとき 人間であるといっている。 人間は、尊いものであると...
調和の世界 · 2020/10/10
私たちは、自分で何とかしようとする それは、ある意味正しいこと しかし、努力では、なにもできない。 努力とは、自分で何とかするという意味であって 全体の調和の中では、大きな塊でしかない。 全体の調和は、すべてを与えてくれる その中で、努力するということは その流れを、妨げるだけでしかない 努力は、必要なものではあるが...
調和の世界 · 2020/10/09
この新型コロナが、世界を大きく変えていく 世界は、力を取り戻しつつある 世界は、本当の姿を取り戻しつつある。 もう、元の世界ではない 新しい世界に、生まれ変わっている それは、私たちが待ち望んでいたものになる。 いままでとは、ほんの少しの変化でしかない それでも、大きな変化がくる 私たちは、その変化に一番に乗る。...
調和の世界 · 2020/10/08
空(くう)とは、思考と思考の間にある 空間の事、その隙間が空(くう)そのもの 空(くう)は、いつもある。 そのことに私たちが、気づいていないだけ 思考の働きに、惑わされて空(くう)に気づいていない 空は全体につながり、全体の一部として 私たちの中にある 全体が、一部であり 一部が、全体である。 空を見つめ、思考の働きを利用する...
調和の世界 · 2020/10/07
世界は、条件ではなくすべてを受け入れます。 何かしらの取引をすることによって、何かを手に入れることはない。 すべて無条件で、与えてくれる。 必要なものを、必要な時、必要な分だけ与えてくれる。 それは、無条件で見返りは求めない ただ、与えてくれる。 それが愛である。 愛しかないこの世界で、愛以外が存在していない。 無条件が愛である。
調和の世界 · 2020/10/06
この世界は、とても厳しい。 それと同時に、残酷なくらいの優しさがある。 どんな事が起きても、その出来事を受け止める それがどんな事なのか、誰も分からずに、ただ当たり前のようにすごしている。 これがどれくらい、優しさに満ちているか 誰も気にも留めない これくらい、この世界はやさしい。 同時に、この世界が作られた目的を...
調和の世界 · 2020/10/05
この世界は、神の遊び場である。 神の遊びとは何か? 苦しむことである。 悲しむこと。 経験すること、そのものが神の遊びである。 この経験をしたいために、神たちは地球に生まれたいと願っている この地球に生まれ、自分のカルマを消したいと願っている。 カルマを持つことによってのみ、カルマを消すことができる。...
調和の世界 · 2020/10/04
瞑想だけでなく、精神世界のいたるところに魔境がある。 魔境とは、エゴの仕組みにとらわれることを意味する。 エゴ(自我)は、あらゆるものを創造する。 この世界は、その想像をするために存在している エゴ(自我)には、物事を作り上げる力はない 受けとることしかできない。 エゴ(自我)は、なんでもできると、ささやいてくる。...

さらに表示する