新世界 · 20日 7月 2019
瞑想が私たちのカルマを昇華して 私たちは、流れそのものになる 瞑想が与えてくれるのは、この流れになるだけ カルマの昇華は、瞑想によってのみ起きるもの 瞑想が私たちの抱えている、問題の起きるところに 焦点を当てて、問題を消していく 瞑想の波でもって、私たちのカルマの波を調和していく 調和によって、カルマは消えていく...
新世界 · 18日 7月 2019
瞑想が、進んで啓発に近づいていくと 問題が存在しないことに気づいていく もともと問題は、思考の中にあって 時間があるときに存在しているから 時間を超えて、思考をわきに置いてみると 問題が消えている 問題が存在していない そのことに気づいていく 生きている中で、問題が大きくなっているように見えるとき そこには、時間と思考が関係している...
新世界 · 15日 7月 2019
一瞥とは、一般的に言われている 自分の中に光を見つけること 啓発とは、一瞥とは違います。 啓発は、光を超えてすべてを眺める 場所にあり続けること このことが、理解できていないと 混乱してしまう。 宗教・精神世界が、光を求めているのは 分かりやすいからです。 いままで感じたことのない、感覚を手軽に感じることができるから...
新世界 · 12日 7月 2019
世界は、すべてを与えてくれます。 何かの不足を、訴えることは 自分があるときに起きること 自分は、いつも何かを求めている。 分離した存在は、必ず不足しているものを見つけ出す。 分離は、全体からの信頼がない時に湧いてくるもの 全体を信頼していれば、そこに不足も不安もない ただ、起きてくるものを受け取ればいい それが、信頼というもの...
新世界 · 11日 7月 2019
私たちが、何かを求めているときには 必ず飢えている 飢えているものを、埋めようとして 何かを、求めている 求めていることは、飢えそのもの 私たちの、世界はすべてを与えてくれます。 ただ、与えてくれます。 必要な時に、必ず与えてくれます。 私たちは、与えられるだけ その中にあるとき、飢えることはない いまこの時、もう十分生きられている...
新世界 · 10日 7月 2019
何かを、手に入れるとき 私たちは、取引をしたり 行動をします。 これが、ごく普通のこと 私も、そのようにやってきました。 誤解を恐れずに、書き表すと このような、行動は意味がありません。 何かを、することがなくても ただ、与えられます。 このことを、流れのままにいくといいます。 流れのまま、生きていくとは とても、否定的な捉え方もできます。...
新世界 · 06日 7月 2019
世界は美しい どんな言葉も、美しさの前には 何も意味を持たない。 どれだけこの世界が美しいものか その美しさに、気づくことができない それが、私たちの思考の問題 どんな問題も、私たちの思考がもたらしているもの 問題があることが、どこにあるのか 思考の中にしかない 世界はただ美しい この美しさを、気づくこと それが、流れになること...
新世界 · 02日 7月 2019
私の感情は、誰のもの? 誰かが、あなたにあたえたもの? どこから湧いてきたもの? 感情は、すべて自分のもの 誰かが、与えたものではない。 自分が、手に入れたものを 誰かのせいにすることはできない。 私の感情は、私のもの 私の中から、湧いてきたもの 私の中にある愛の存在から与えられたもの それを、否定してもどうしようもない。 なら、受け取るだけ...
新世界 · 01日 7月 2019
私たちは、もう過去の世界には戻ることがない 過去の世界とは、古いカルマに覆われた極寒の世界 いままで古い殻に閉じこもって、震えていた世界のことを指します。 いまこの世界は、大きく変容しました。 すべてのカルマが、流れ落ちやすくなっている 誰もが、望んでいたすべての願いが叶う世界がいまあります。 いま、このブログを見ている...
30日 6月 2019
昨日の今日で、いきなりブログを更新していますけど どうしても、伝えておきたいことができたので ブログを更新してみます。 時代の変化ですが、この変化がどのくらい大きな変化なのか 自分自身も、捉え切れていなかった。 とんでもなく大きな変化を起こしている。 いままで制限されていたことが、いきなり許可されているようなもので 自分自身が戸惑っている。...

さらに表示する