カルマにとらわれない

私たちは、この世界に生きている中で

カルマによって生きています。

世界を作っているのは、カルマです。

 

カルマとは、記憶であり、経験であり、思いそのものです。

 

それによって宇宙は、あなたにとって一番必要なものを与えてくれます。

 

そのカルマをすべて消すことはできません。

私たちにできることは、自分で消す必要のあるカルマを昇華すること

それは、自分が抱えているバケツの中にある砂を一粒ずつ消すようなもの

 

カルマである砂の一粒を消すのは、瞑想を一回行うだけでいいのです。

一度瞑想を行えば、カルマの一粒を消すことができます。

それくらい簡単なことですが、瞑想を行わないなら絶対にカルマは消えることはありません。

 

カルマは、いつも消えたがっています。

あなたにとって、生きていることはカルマを消すことです。

より簡単に生きていくなら、瞑想をして自分のカルマを消すことです。

 

カルマを抱えて生きていることは、カルマにとらわれて生きているようなもの

そのカルマが、解消されたいがために

同じような出来事を持ってきているのです。

同じ苦しみを感じているとき、カルマが繰り返しているのです。

 

そのカルマにとらわれているなら

すぐに、瞑想をすることを進めます。

初めは、自己流でも構いません。

30分間、じっと目を閉じて座ること

 

思考は湧き上がってきてもそのままにして

じっと、座ってみること

瞑想を生活の中に取りいれると大きな変化が感じられます。

自分の体に対する変化や、周りのあなたに対する評価も変わります。

 

瞑想だけが、あなたのカルマを取り去ってくれます。